オール電化を目指して太陽光発電を取り入れる家庭も多いでしょうけれど、
我が家ではガスコンロなどはそのままですが
家庭の中にある暖房器具が全て電気式の物になってしまった為に、
家族で話し合って太陽光発電を導入することにしました。
我が家は今まで石油式のヒーターと電気式のヒーターを合わせて使っていて、
みんなが集まるリビングなどの部屋には石油式のヒーターを使い、
それぞれの自分の部屋にはハロゲンヒーターの様に、
電気式のピンポイントで暖まるヒーターを使っていたのですが、
その構成が変わったのは我が家のリビングのエアコンが新しくなった時の事で、
新しく買ったエアコンについていた暖房が想像以上に快適だったのです。
ここまで快適だと、わざわざ灯油を買ってきてヒーターに入れる苦労もしなくては良いのではないかと思い、
リビングなどにはエアコンの暖房を使う事にしたところ、今度は電気代が問題になってきて困ってしまいました。
家族それぞれの部屋に置いてあるハロゲンヒーターなどの電気代も馬鹿にならず、
その年は香川県の冬は更に寒くなると予報で言われていたので、
寒さが本格的になる前に太陽光発電を導入する事となりました。
屋根に付いた太陽光発電パネルを最初に見た時は、
お願いだからコストに見合うだけの発電をしてほしいとお祈りする様な気持ちだったのですが、
我が家は冬でも日当たりも良くて発電量も十分といえるほど稼いでくれました。
その御陰で今でも石油ヒーターに戻らずエアコンの暖房の暖かさを感じられています。

博多の焼肉店
厳選した和牛と素材をお楽しみいただけます。